令和4年度の採択結果

【調査研究名】廃校のデジタルツイン化で新たな関係人口増加に繋がる利活用の調査研究

[提案者]有限会社ナカノジョイントカンパニー 代表取締役 中野 秀志

[調査研究項目] 

(1) 廃校デジタルツイン化

廃校をデジタルツイン化し、地域の活性化に利活用出来ないか検証を行う

(2) バーチャル博物館作成

デジタルツイン化した廃校の教室に、現存の携帯、古民具を3Dデータ化して配置博物館として展開